2017/01/11

謹賀新年

謹賀新年


医療介護プラットフォーム『在宅主治歯科医を見つけるサイト』
(新年のご挨拶がてらサイトのご案内をさせて頂きます)


当プラットフォームツールは、各地域の担当ケアマネが『在宅療養支援歯科診療所NET:OOOO』グループの登録歯科医リストから容易に歯科医院を選び出し、介護社会で『歯科介入』を図る事が出来ます。
事務所手続きの流れ・書類の印刷・プレゼン資料・関連情報は連携サイトとのリンクにより信頼性の高い共有情報がツール内のボタンから入手出来、他職種にも活用していただけるモノと思います。


【在宅療養支援歯科診療所:NETせたがや】の例の紹介

当グループの主幹診療所たる当院は、今年より交差感染予防対策(電解性機能水配管)を施し、歯科麻酔医の管理下で行う集中治療で、『高齢者の口腔機能管理』を開始する態勢(毎週金曜日)とし、地域完結型歯科医療を目指した地域歯科診診連携の『礎』とします。

尚、世田谷区の受託事業の『訪問口腔ケア健診事業(無料)』活用で、【かけつけ歯科医】として『介護歯科介入の必要性』を確認し、在宅か通院かを類別し、紹介状を担当ケアマネに発行する事とします。
又、『歯科診療(在宅・搬送・訪問)』か『訪問口腔ケア』の仮判定の報告を受けたケアマネにより連携歯科医が手配されます。
【在宅主治歯科医】の実質的な歯科介入はそこから開始されます。

又、必要に応じて『摂食嚥下アセスメント』をとり、担当ケアマネが在宅主治歯科医による各機能に合った所を選び、地域歯科診診連携の実行をする事となります。
この際は、【認知症】【摂食嚥下】【周術期】【障害者】のリスト『自主登録』からの選択となります。

尚、他歯科医院から『当院での集中治療(かかりつけ歯科医自身の治療)』の為の施設提供に関しては、事前に当局に問い合せする必要がある想定から、残念ながら只今の処、対応を見合わせています。

当サイトの究極的な目標は、『訪問口腔ケアステーション設立』と『休眠資格者の介護社会での活躍におけるスキルアップ・キャリアアップの環境』を創り出す事です。

ココに集う方々と共にその夢が膨らませられたらと思っております。

世田谷区の医療介護連携は、現在実験的に進められています。
病診連携・診診連携・歯科診診連携の実現には、歯科側から『在宅療養支援歯科診療所NET:せたがや』として参加する事が目論まれます。
この機会に当サイトの登録をご決断下さい。




医療法人社団仁承会二子玉川エンジェル歯科
デンタルケアマネージメントサービス

平成二十九年正月元旦
戸澤 昭彦

14時01分 | コメント(0)

≪ 日記一覧に戻る

この記事に対するコメントを入力する

≪ 日記一覧に戻る

カレンダー

前月 2017年10月 次月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSSフィード


このページの先頭へ戻る